【NEWS】父が亡くなったので、実家のNHKの契約を解約しようと思って、NHKに電話をかけてみたら…

NEWS

 どーも。じつは、5月に父が亡くなりました。父は実家で一人暮らしでした。法事やらなにやらで、自分も実家にかなり頻繁に行ってましたが、法事関係の行事などもひと通り終わり、現在遺品などの諸々の整理をしています。

 その流れで、クレジットカードとか、いろいろな会員サービスとか、解約できるものはどしどし解約していたので、NHKテレビの契約も解約をしようと思い、インターネットで調べて、NHKのそれらしき窓口に電話をしました。そこでのやりとりはほぼ以下の通りでした。

NHKのサポート窓口の方とのやりとり

父が亡くなったので、父が生前にしていた、NHKさんとの契約を解約したいんですけど…」

「お亡くなりになった方のご家族の方ですか?」

「はい、長男です。いま実家に来てまして、父の遺品とかもろもろの整理をしています。自分はここに住んでいないので、テレビも誰も見なくなるので、解約したいんですが…」

「そちらの家にまだテレビはありますか?

「あ、はい。あります」

「では、解約できないです。」

「えっ、そうなんですか?」

「はい。そのテレビを他の家に移すとか、処分するとか、家からテレビがなくならないと、解約の手続きができないんです」

 とのこと。なんと、テレビが家にあるうちは、解約できないということなんだそう。つまり、「契約した人が死んでしまっても解約できない」というルールなんだそうです。

 契約した人が死んでも、契約が継続するっていう契約って、なんか怖くないですか? 死人からもお金を取るんだ…。その姿勢というか方針というかルール自体が、なんだかコワイ。

 クレジットカード等は、すべてのカードが電話で解約できましたけど。残念ながら、NHKは解約できなかったので、今度実家のテレビをどこか別の場所に移動するとか、誰かの家に持っていくとかして、”家にテレビがなくなった状態”にして、改めてNHKさんに電話してみようと思います。その時はまた報告したいと思います! 

 あと、これは、なんだか、いやらしい話になりますが、クレジットカード関係とかの窓口の方は、だいたい「このたびはご愁傷さまでした」とか、そういう声をかけてくれましたが、NHKさんからはとくになかったです。あ、いや、だからどうということはないですが、それ以上に、自分の感覚では、何十年(50年とか?)もお金を払っていたわけでから、「長い間お父様にはお世話になりました」とか「長年のご視聴に感謝します」とか、なんか、そういうひと言が、あってもいいような気もするけど、まあ、業務的に、そういう感じの窓口ではないのかもしれません。もちろん、まだ解約できてないので、それはこれから、なのかもしれませんけど…。

(続く…)