【ハナペンマンのゲーム日記】その30 『テクテクライフ』で広島の府中市に到達!! 

2020-11-17ゲームアプリ,ハナペンマンのゲーム日記

 あいかわらず、『テクテクライフ』です。

 前回(その29)は、街区ガチャで最初にゲットした、広島県の三次市(みよしし)の東酒屋町から、東京にもある市名の「府中市」に向けて、「となりぬり」で進んでいこう! という話でした。

 その際、「ぬり100%」は目指さず、むしろ「移動だけ」を目指して、進んでみよう!! としたら、意外にもあっさり府中市に入ったところまで到達した話でした。

 そのあとは、府中市の市街地・中心部を目指します。

 でも、府中市の中心部は、かなり右下の方でした。そこまではまだまだあります。ひたすら、山を下りていく感じ。せっかくだから、中心部にある「府中町」というところを目指すことにしました。

 北西には「上下町」(もしくは「上下」)というところがあり、「上下町〇〇」という地名が多数あるようです。案の定、この上下町のあたりでは、細長く進むのはかなり難しくて、ひとつひとつの街区がめっちゃ広いので、なかなか大変です。東酒屋町と同じか、それ以上に、いち街区が広そうです。

 街区がめっちゃ広いのと、途中方向がわからなくなったりして、行きつ戻りつしてたら、意外にも「上下町」周辺が100%になってしまったり。

 その後、「上下」がつかない地名になったと思ったら、「斗升町」(とますちょう)という町に到達。

  思いのほか、100%になってしまいます…。

 地図を確認すると…

 「府中町」に向かって、ちょうど中間地点のあたりまで来ていました。あとはもうちょっと右下の方向へ、山を下りていく感じでいけば、たどり着けそうです。

 そして、途中で「歩行石」を補充しつつ、となりぬりを続けてきたら、ついに…!!

 府中町が見えてきました!! やっと細かい街区が塗れる!!(笑)

続く