日本一の守備の名手、元ヤクルトの”宮本慎也流キャッチボールの極意”が、超わかりやすい!!

ハナペン野球教室

 少年野球における、キャッチボールの重要性は、いわずもがな、だと思います。少年野球に限らず、野球の基本と言ってもいいでしょう。自分は常々そう思っています。

 が、本当の本当にお手本になるキャッチボールの決定版動画っていうは、「これだ!」と言い切れるものが、正直なかなか見つからなかったのですが、ついに発見しました!!

 日本一の守備の名手、サムライ・ジャパンのキャプテンも務めた、あの宮本慎也氏の”キャッチボールの極意”がわかる、トクサンTVの動画が、それです。宮本氏の説明がとてもわかりやすいので、キャッチボールの指導でお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

”宮本慎也流キャッチボールの極意”がわかる動画はこちら

1:43 キャッチボール開始
2:40 キャッチボールで意識することは? このあと、順番に下に挙げた話をしてくれます。

宮本慎也氏が言う、”宮本流キャッチボールの極意”のポイント

  • 内野手でもキャッチボールは大きく体を使うこと(ピッチャーと思って大きく投げる)
  • 回転を意識する
  • 捕球は芯で捕る
  • 踏み出した時は頭は軸足の方
  • 踏み込むと同時に手は頭の横
  • 頭を残し、着地と同時にトップを作り投げる
  • 体が前に出ない=送球スペースができる →できたスペースに腕を通すイメージ
  • 腕が背中側に来る人は制球難になりがち
  • トップが送れないように体の横のラインに収めるイメージ
  • 肩ができてきたら相手の顔・胸を突き抜けるイメージで
  • 両手捕球=投げる手が近くにあればいい
  • 内野手の送球の「割れ」は間違い=投げ手はくっついていた方がいい→投げる動作の時に離れればよい
  • 割るといろいろな動きが出てくる=ミスが起きやすい

とのことです。詳しくはぜひ動画を見ていただければ、と思います。

こちらもご参考に