ふくふく島の四季折々 203「ボーナスと月給」

どうぶつの森日記

そんな2大ルーチンを終えたあとにも、やることは残されている。

続いてのルーチンは、化石の発掘じゃつ。

ここで、ワタクシの考えを伝えてみよう。

カブ価は、いわばボーナスみたいなものなのだ。

だが、普段の生活において、そんな夢物語ばかりを追いかけてはいられない。

もっと、堅実に生きなくてはいけない。

ちなみに、ワタクシは、よく妻から注意されております・・・。

まあ、それは、それとしまして。

人というイキモノは、月給というものが、手に入らないと生きてはいけない。

日々、暮らしていくためには、にちにちのお金というものが必要なのだ。

そんなわけで、日銭を化石で稼いでいくのだ。

これも、22時までに終わらせなくてはいけないっ。

リアルな生活の時間であると、ちょうど夕飯を終えたくらいやねん。

ここで、化石をフータに鑑定してもらい、化石を売却す。

ふ~っう。

ここで、ほっと一息となるのだ。

あとは、出会った住民たちに挨拶して、どうぶつの森を終える。

だいたい、これが、ワタクシの「森」を遊ぶパターンとなっているのだ。