アーケードゲーム,レトロゲーム,レトロゲーム追憶記

駄菓子屋の簡易プレハブに筐体がおいてありました!

よく、塾に行く前に立ち寄り、立って遊んだ記憶がっ!?

雨とか大変だったなあ~。

でも、天侯よりも、塾よりも、夢中になってた、中学生w

さ ...

アーケードゲーム,レトロゲーム,レトロゲーム追憶記

当時、スーパーのゲームコーナーに置いてありました。

これも、夢中になったゲームですよね~。

ただ、リアルタイムでは遊んでいないのです。

これこそ、自分のなかでは「初のPRG」な気がします。

アーケードゲーム,レトロゲーム,レトロゲーム追憶記

自分のなかで、前回の「アルゴスの戦士」が、プラスの記憶とするならば、この「ディグダク」は、真逆に位置しています。

確か、小学4年生だった気がする。

クラスの男子のなかで、めちゃくちゃ盛り上がっていた「ディグダグ ...

アーケードゲーム,レトロゲーム,レトロゲーム追憶記

この連載は、時間軸に沿わずに進めさせていただきますね。

時間は、一気に飛びます。

多分、このゲームに出会わなかったら、ここまで、夢中になっていないかもしれません。

中学生の頃、ゲーセンがブームになっ ...

アーケードゲーム,レトロゲーム,レトロゲーム追憶記

♪~、デイリリディリー、デリリィデッリー~。

この音楽、今も脳に刻まれております!

デモでテーブル筐体から、遊んでいないのに良く流れていました。

ラリーX(Rally X) の音楽(BGM)はこれですよ! ...

アーケードゲーム,レトロゲーム,レトロゲーム追憶記

『あつ森』のブログを書いていた、ゲームおやじと申します。

ワタクシ、昭和47年、1972年の生まれです。

子供の頃、初めて「ゲーム」に触れて、ともに育ってきた世代と言えると思います。

そんな自分が、 ...

どうぶつの森日記

さてさて、この「ふくふく島の四季折々」を読んでいただいた皆様。

ここら辺で、本ブログ、幕を閉じようと思うのだ。

ちなみに、ふくふく島での出来事は、今日も、続いている。

けれども、ハナペンニュースで書 ...

どうぶつの森日記

ドキドキしながら、amiiboカードを、Switchのコントローラーにかざす。

すると・・・・。

ワタクシの目の前には「ブーケ」が現れたのだ。

見た目は、普通な「ブーケ」。

この見た目に ...

どうぶつの森日記

この『どうぶつの森』の本当のコンセプトは、何だ?

「どうぶつと楽しい生活」ではない、とおやじは見る。

一見は、可愛くて、ホンワカした世界なのだ。

だが・・・・・。

ニンテンドーは、そこま ...

どうぶつの森日記

まず、「ドレミ」を我が島に受け入れる。

そして・・・。

「ブーケ」にさよならを告げる。

自分のなかで、1番、気に入った子に「さよなら」を告げるのは、なんとも言い難い切なさを伴う。

決して ...

どうぶつの森日記

・・・・・。

ここで、よ~く考えてみた。

ワタクシの特性として直感で動いてしまい、オクサマから「よ~く考えてから行動しようね!」などと、お子様に言うように、悟されてしまうのだ・・・。

ここで、妻の呆 ...

どうぶつの森日記

だが、やり直したところで、またも、ドレミから聞くのは、「ブーケ」が引っ越しを考えているってことだ。

これは、結果、同じことなのかもしれないな、と感じた。

なぜかは、分からぬが「ブーケ」がロックされているのだ。

どうぶつの森日記

ドレミを我が島「ふくふく島」に勧誘するぞっ!

ここまでは、自分に勢いがあった。

彼女から、 トランプの色当てを挑まれた。

やったあああ、2分の1の確立やねん。

万が一、間違えてもやり直せ ...

どうぶつの森日記

どんなに現状に満足していても、求めてしまうモノ・・・。

チガウナ・・・・。

人は、突然、恋に落ちるモノ。

そこに、理由なんてあるわきゃないっ。

だって、好きになっちゃうんだもの。 ...

どうぶつの森日記

なんと!

メスのシカだ。

・・・・・、この子、なんて愛らしいんだ。

正直、『どうぶつの森』において、お気に入りの異性の子は、もう、揃えていたと思っていた。

妻の村に居た、こぐまのアセロラ ...

どうぶつの森日記

人間というものを、48年やっていると、少しずつ、見えてくるものがあるのだ。

若い頃は、分からなかったものが、ぼんやりとカタチが現れてくるものがある。

だが、人に伝えるモノではないのかもしれない。

心 ...

どうぶつの森日記

ワタクシ、じつは・・・・・。

八景島シーパラダイスで、一番、楽しみだったのは、海の上を走るジェットコースターだっ!

・・・・・。

このブログを読んでいる皆様から、水族館じゃないのかい!!と突っ込まれ ...

どうぶつの森日記

今は、しょぼくれたおやじでも、若いころは、あったのだ。

その昔・・・。

妻と結婚する間際、八景島シーパラダイスに行きたくて仕方がなかった。

きっかけは、忘れてしまったが、水族館に行くことが趣味になっ ...

どうぶつの森日記

・『あつ森』と横浜・八景島シーパラダイスがコラボ 「はっけい島 海の生きもの ふれあい展」が7月12日より開催(yahooニュース)

いきなりのニュースであった。

なんと「あつ森」と「八景島シーパラダイス」がコ ...

どうぶつの森日記

今夜も、ふくふく島を何気なく、歩いていく。

特に、目的があるわけでもないのだ。

しいて言うなら、カブ価のチェックだ。

だが、きっと、またも、しれた買い取り価格であろう。

こちらも、分かっ ...

どうぶつの森日記

さて、大きく湾曲してしまったが、みなさま、ついてきていただいているのであろうか?

そうなのだ。

ジョニーのつうしんそうちのお話だ。

パーツをジョニーに渡して、2週間を過ぎたあたりから、ワタクシに誘惑 ...

どうぶつの森日記

なにも変わらない、ふくふく島。

・・・、おかしい?

というか、うすうす感づいていた。

ジョニーとコミュニケーションを取れる施設など、そもそも存在してないんやっ。

ニンテンドーの懐は、そこ ...

どうぶつの森日記

この日を境に、ふくふく島に変化が訪れるのを、密かに待っていたっ。

まず、1日が経過したっ。

・・・・・。

まあ、施設の建設は、時間がかかるわなあ~。

だが、待って・・・。

我 ...

どうぶつの森日記

無事、つうしんそうちのパーツは、5個、コンプリートしたっ!

それは、ジョニーに献上されたっ。

ここで、この日は、『あつ森』を終了した。

さあ、何が起こるので、あろうか?

いろんな妄想が膨 ...

どうぶつの森日記

やみくもに、スコップを突き刺し続ける。

だが・・・・。

ただ、単に穴が増えていくだけなのだ。

ここから、書くことは、気のせいなのかもしれない。

真実は、自分で確かめてほしいのだっ。

どうぶつの森日記

そのオトコ、ふくふく島に現れたときから、謎の存在であったのだ。

さらには、そのオトコが依頼してくるミッションが遂行できなかった。

だってさあ・・・。

どこの砂浜に埋まっているのか、ノーヒントじゃん。 ...

どうぶつの森日記

これは、喜ばしいのだ。

じんわりと、安心感がワタクシのなかで広がっていくのだ。

・・・・・。

ひと息、ついたところで、説明させていただきたい。

ワタクシのSwitchは、中古なのだ。

どうぶつの森日記

所用を済ませ、JRで帰宅する。

帰りの車内では、Switchを起動することは、なかった。

カブを売却したため、もう、やることがなかったのだ。

駅に到着したっ。

Switchをハードケース ...

どうぶつの森日記

駅に到着し、JRでは、電車内で座ることができた。

電車内は、コロナのせいなのか、人は、まばらだ。

ふう~っ、天は、我に味方してくれているではないかっ。

普段のスーツ姿だったら、躊躇したかもしれない。 ...

どうぶつの森日記

それは、唐突に訪れた。

先日の土曜日に、前に働いていた職場へ、遊びにいくことになった。

この週のカブ価は、相変わらず、中途半端であった。

いつも、そうしているのだが、とりあえず・・・・。

どうぶつの森日記

「ブーケさま」は、引っ越しされる決心を固められたっ!

や、やったあ~!!

ここまで、キタら、居住を拒否するなんて、ないのでしょう。

一度、出ていってしまった住民も、迎え入れる仕様なのね「あつ森」は。 ...

どうぶつの森日記

ブーケさまに、愛情がこもった手作りの「まるたのスツール」が、献上された。

大変、お喜びになられた「ブーケさま」。

この勢いで、「ふくふく島に、移住けってぃ~♪」とはならなった。

気に入った異性が、簡 ...

どうぶつの森日記

それから・・・。

翌日、翌々日と、amiiboカードを通じて「ブーケさま」を、ふくふく島のキャンプ場へご招待させていただいた。

「ブーケさま」に通じているのかは分からぬが、我が島にとって、彼女は重要な顧客だ。