どうぶつの森日記

さて、話を一気に戻しまして。

今回は、「その存在」について書いてみようと思うのだ。

その存在とは・・・?

ズバリ、「ととたけ」のことなのだ。

今作では、出てこないなあ~、なんて思っていた ...

どうぶつの森日記

その存在は、知っていたのだが、ふくふく島にやってくることは、未だなかったのだ。

その条件が気になるものの、自分から調べることは、なかったのだ。

なんだろうね。

上手く書けないけれど、どうぶつの森に「 ...

どうぶつの森日記

急いで、「ブーケ」の家に向かうっ。

周辺にいた、「ブーケ」を発見!!!

だが・・・・。

ピコーンと「!」が出ない。

まあ、こんなことは、何回も繰り返してきたので焦りはない。

...

どうぶつの森日記

自分にとって「とび森」において「ブーケ」はなくてはならない存在なのだ。

確かに「あつ森」を遊べば、きめ細やかで綺麗な「ブーケ」に出会うことができるのだ。

だが、これは比べるものではないっ。

「とび森 ...

どうぶつの森日記

日々、『あつ森』で一喜一憂しているが、ワタクシ、それだけではないのだ。

常々、書いているのだが、『とび森』も同時進行中なのだ。

正直、『あつ森』よりは、起動することは少ない。

だが、ふくふく村の住民 ...

どうぶつの森日記

勝負の土曜がやってきた。

だが、そもそもであるのだが・・・・。

土日が、スペシャルではなくなったのは幾つぐらいからだろうか?

子供が小さい頃は「パパッ、パパッ」と頼ってくれていた時期は、週末は特別で ...

どうぶつの森日記

世間では、2021年という新しい年を迎えていた。

対して、イマイチ、年が明けたという実感がない、悲しいオトコ。

あのとき、眠らなければ・・・・。

いまさら、後悔しても、なにも始まらないので、ここまで ...

どうぶつの森日記

2020年12月31日、大みそかになっていた。

今年、最後の1日だ。

子供の頃のように浮かれることもない。

なにげなく、2020年を振り返ってみるのだ。

この年は、苦しい1年であった。

どうぶつの森日記

ふぅ~っ。

確実に、ワタクシ消化不足である。

というか、物足りないし、納得がいっていない。

そんな状況で、海岸を歩いていると・・・・。

なんと、細長いおさかなの影がっ!?

こ ...

どうぶつの森日記

なんと!

・・・・、ヒラメでした。

まあまあ、そんな最初から上手くいくわけないやん。

こんなもんやろ~。

このときは、そう感じていたのだ。

これは、誰かではなく、自分を納得さ ...

どうぶつの森日記

今回の釣り大会は、海のさかならしい。

まあ、「とび森」で、さんざん釣ったので、タイミングは、バッチリだ。

さかなが、浮きをつつくようになって、3回目で、ぐっと沈むことが多い。

この基本は、今作でも、 ...

どうぶつの森日記

『どうぶつの森』において、出来ることは、たくさんある。

そのなかのひとつが、「釣り」だ!

前作では、島へ出かけては、背びれのある魚を釣りあげ、売ることで、お金を稼いでいたのだ。

本作では、まあ、そこ ...

どうぶつの森日記

名古屋にある東山動植物園に、大先輩と撮影へと出かけた。

ファミリーが多いなか、カメラをぶらさげた大先輩と中年は、かなり異質だ。

だが、全く気にすることもなく、いろんなものを撮影するふたり。

それは、 ...

どうぶつの森日記

日曜日の午前中、カブを買わなくてはいけない。

ただ、日常のなかで、いろいろあると忘れたりするのだ。

そんな現実のなかで、ワタクシを襲った出来事が起こったのだっ。

会社のなかで、大先輩が、ワタクシを写 ...

どうぶつの森日記

そんな新たなる住民「ロボ」が加わり、また、ひとつ、「どうぶつの森」への魅力が増した。

毎日、住民たちの様子を見に行くのだっ。

やっていることは「とび森」と全く変わっていない。

引っ越しを悩んでいる住 ...

どうぶつの森日記

献上品を3回済ませて、「ロボ」が、ふくふく島にやってくることになったのだ。

これは、とても、嬉しいのだ!!!

我が島に居る、永遠住民となっているオスキャラは、「ガブリエル」と「リッキー」だ。

ここに ...

どうぶつの森日記

早速、タヌポータルで「お客さんを呼ぶ」を選択!

左のコントーラーに、amiiboカードを重ねると・・・。

「ロボ」がキャンプサイトに、やってきた!らしい。

慌てて、会いに行くのだっ。

こ ...

どうぶつの森日記

土日は、ネットで買ったものが、いつ、届くのかなあ?

などと、ぼんやりと考えることもある。

しかし、平日、会社で、仕事で追われてしまうと、amiiboカード「ロボ」のことは、ついつい忘れてしまうのだ。

どうぶつの森日記,家庭用ゲーム

ヤフオク!も、そうなのだが、購入した商品が家に届くまで、ドキドキしてしまう。

最近、思うのだが、妻に勘ぐられるのが、非常にメンドクサイ。

品物が到着していると「また、何を買ったの????」と責められるのだ。

どうぶつの森日記,家庭用ゲーム

まず、ヤフオク!からだ。

ほほーっ、amiiboカードは、出品が多いのだ。

検索して「ロボ」を見つけて、価格を調べてみると・・・。

この当時、安いもので、2000円を切る開始価格になっていた。

どうぶつの森日記

ここからの選択肢は、限られているのだ。

量販店で、amiiboカードを買うということは、ありえない。

数ある住民のなかから、オオカミの「ロボ」を引き当てるなど・・・・、宝くじの確率だ。

そんなことが ...

どうぶつの森日記

さて、「理想のふくふく島」までは、まだまだ、足りないモノが多いのだ。

その最重要な要素は、常々、書いているが、住民だ。

どうしても、前作『とび森』の影響は、大きい。

完全に、『とび森』を再現するつも ...

どうぶつの森日記

すまぬ。

「ちょろきち様」

キミの魅力が、僕には、全く分らないのだ。

まいったなあ~。

「ハナコ」を見送り、後にやってきたのが「ちょろきち」。

なんかの罰ゲームなのか???

どうぶつの森日記

「ちょろきち」と言った。

もう、この名前が分った時点で、嫌な予感しかしない。

「きち」だけに、オスというのは、理解できたのではあるが、自分が欲しがるキャラクターか、どうかは、なんとも怪しいのだ。

そ ...

どうぶつの森日記

そんな、もやもやしている、ハナコに話かけてみるのだっ。

当然、引っ越しを悩んでいたのだが、彼女の決断を止めることなく、尊重した。

これで、ハナコ、ふくふく島の卒業が決定したのだ。

まあ、元気で!

どうぶつの森日記

もやもや、が出ていたのは・・・・・、我が、ふくふく島で、いらない子。

それは、ハナコであった。

牛の女の子なのだ。

決して、カワイクはない。

あっ、待って待って。

カワイイか ...

どうぶつの森日記

そんな新たな住民「ブーケ」が、やってきた。

少しずつではあるものの、お気に入りの住民が増えていくのは、なんとも楽しいのだ。

若い頃には、分からなかったけれど、ゆっくりとした時間が流れるなかで、楽しみが、ちょっと ...

どうぶつの森日記

「ブーケ」が、ふくふく島にやってきたっ。

もう、Switchを持った瞬間から、ドキドキしちゃう、チョイキモなおやじ。

間違いなく、そんな中年は、いないと思うのだが、自分で楽しんでいれば、いいのだっ。

どうぶつの森日記

『とび森』では、お馴染みのブーケであったが、『あつ森』では・・・・・?

おおっ、紛れもなく「ブーケ」やん!

(↑意味不明)

ぱっと見は、『とび森』のときと、印象が変わらない。

だが、よく ...

どうぶつの森日記

家に届いた包みを開けると・・・・。

おおっ、愛しのブーケだあ!

これは、正直、めちゃくちゃ嬉しかったのだ。

この、amiiboカードによって、我が、ふくふく島に「ブーケ」が、やってくるのだ。 ...

どうぶつの森日記

さて、ここで、一気に話を戻そうではないかっ。

そもそも、娘に「ブーケ」を描いたもらおうと思った、きっかけは、「ブーケ」のamiiboカードをメルカリで落札したからだったのだ。

amiiboカードが、届くまでのエ ...

どうぶつの森日記

「ブーケ」を描き終えて、満足げな娘に対して、あ・く・ま・で、下から、お伺いしてみるのだ。

「この、ブーケの背景って、描かないの?」と。

すると、娘は「これで、完成だよ」と、そっけない返事だ。

ここで ...

どうぶつの森日記

ついに、娘が描いてくれた「ブーケ」を拝めるときが、やってきた!

どれどれ・・・・・。

ほほーっ、こりゃあ、こりゃあ。

確かに、上手くなっているのだ。

ちなみに、『とび森』のふくふく村の旗 ...