どうぶつの森日記

さてさて、この「ふくふく島の四季折々」を読んでいただいた皆様。

ここら辺で、本ブログ、幕を閉じようと思うのだ。

ちなみに、ふくふく島での出来事は、今日も、続いている。

けれども、ハナペンニュースで書 ...

どうぶつの森日記

ドキドキしながら、amiiboカードを、Switchのコントローラーにかざす。

すると・・・・。

ワタクシの目の前には「ブーケ」が現れたのだ。

見た目は、普通な「ブーケ」。

この見た目に ...

どうぶつの森日記

この『どうぶつの森』の本当のコンセプトは、何だ?

「どうぶつと楽しい生活」ではない、とおやじは見る。

一見は、可愛くて、ホンワカした世界なのだ。

だが・・・・・。

ニンテンドーは、そこま ...

どうぶつの森日記

まず、「ドレミ」を我が島に受け入れる。

そして・・・。

「ブーケ」にさよならを告げる。

自分のなかで、1番、気に入った子に「さよなら」を告げるのは、なんとも言い難い切なさを伴う。

決して ...

どうぶつの森日記

・・・・・。

ここで、よ~く考えてみた。

ワタクシの特性として直感で動いてしまい、オクサマから「よ~く考えてから行動しようね!」などと、お子様に言うように、悟されてしまうのだ・・・。

ここで、妻の呆 ...

どうぶつの森日記

だが、やり直したところで、またも、ドレミから聞くのは、「ブーケ」が引っ越しを考えているってことだ。

これは、結果、同じことなのかもしれないな、と感じた。

なぜかは、分からぬが「ブーケ」がロックされているのだ。

どうぶつの森日記

ドレミを我が島「ふくふく島」に勧誘するぞっ!

ここまでは、自分に勢いがあった。

彼女から、 トランプの色当てを挑まれた。

やったあああ、2分の1の確立やねん。

万が一、間違えてもやり直せ ...

どうぶつの森日記

どんなに現状に満足していても、求めてしまうモノ・・・。

チガウナ・・・・。

人は、突然、恋に落ちるモノ。

そこに、理由なんてあるわきゃないっ。

だって、好きになっちゃうんだもの。 ...

どうぶつの森日記

なんと!

メスのシカだ。

・・・・・、この子、なんて愛らしいんだ。

正直、『どうぶつの森』において、お気に入りの異性の子は、もう、揃えていたと思っていた。

妻の村に居た、こぐまのアセロラ ...

どうぶつの森日記

人間というものを、48年やっていると、少しずつ、見えてくるものがあるのだ。

若い頃は、分からなかったものが、ぼんやりとカタチが現れてくるものがある。

だが、人に伝えるモノではないのかもしれない。

心 ...

どうぶつの森日記

ワタクシ、じつは・・・・・。

八景島シーパラダイスで、一番、楽しみだったのは、海の上を走るジェットコースターだっ!

・・・・・。

このブログを読んでいる皆様から、水族館じゃないのかい!!と突っ込まれ ...

どうぶつの森日記

今は、しょぼくれたおやじでも、若いころは、あったのだ。

その昔・・・。

妻と結婚する間際、八景島シーパラダイスに行きたくて仕方がなかった。

きっかけは、忘れてしまったが、水族館に行くことが趣味になっ ...

どうぶつの森日記

・『あつ森』と横浜・八景島シーパラダイスがコラボ 「はっけい島 海の生きもの ふれあい展」が7月12日より開催(yahooニュース)

いきなりのニュースであった。

なんと「あつ森」と「八景島シーパラダイス」がコ ...

どうぶつの森日記

今夜も、ふくふく島を何気なく、歩いていく。

特に、目的があるわけでもないのだ。

しいて言うなら、カブ価のチェックだ。

だが、きっと、またも、しれた買い取り価格であろう。

こちらも、分かっ ...

どうぶつの森日記

さて、大きく湾曲してしまったが、みなさま、ついてきていただいているのであろうか?

そうなのだ。

ジョニーのつうしんそうちのお話だ。

パーツをジョニーに渡して、2週間を過ぎたあたりから、ワタクシに誘惑 ...

どうぶつの森日記

なにも変わらない、ふくふく島。

・・・、おかしい?

というか、うすうす感づいていた。

ジョニーとコミュニケーションを取れる施設など、そもそも存在してないんやっ。

ニンテンドーの懐は、そこ ...

どうぶつの森日記

この日を境に、ふくふく島に変化が訪れるのを、密かに待っていたっ。

まず、1日が経過したっ。

・・・・・。

まあ、施設の建設は、時間がかかるわなあ~。

だが、待って・・・。

我 ...

どうぶつの森日記

無事、つうしんそうちのパーツは、5個、コンプリートしたっ!

それは、ジョニーに献上されたっ。

ここで、この日は、『あつ森』を終了した。

さあ、何が起こるので、あろうか?

いろんな妄想が膨 ...

どうぶつの森日記

やみくもに、スコップを突き刺し続ける。

だが・・・・。

ただ、単に穴が増えていくだけなのだ。

ここから、書くことは、気のせいなのかもしれない。

真実は、自分で確かめてほしいのだっ。

どうぶつの森日記

そのオトコ、ふくふく島に現れたときから、謎の存在であったのだ。

さらには、そのオトコが依頼してくるミッションが遂行できなかった。

だってさあ・・・。

どこの砂浜に埋まっているのか、ノーヒントじゃん。 ...

どうぶつの森日記

これは、喜ばしいのだ。

じんわりと、安心感がワタクシのなかで広がっていくのだ。

・・・・・。

ひと息、ついたところで、説明させていただきたい。

ワタクシのSwitchは、中古なのだ。

どうぶつの森日記

所用を済ませ、JRで帰宅する。

帰りの車内では、Switchを起動することは、なかった。

カブを売却したため、もう、やることがなかったのだ。

駅に到着したっ。

Switchをハードケース ...

どうぶつの森日記

駅に到着し、JRでは、電車内で座ることができた。

電車内は、コロナのせいなのか、人は、まばらだ。

ふう~っ、天は、我に味方してくれているではないかっ。

普段のスーツ姿だったら、躊躇したかもしれない。 ...

どうぶつの森日記

それは、唐突に訪れた。

先日の土曜日に、前に働いていた職場へ、遊びにいくことになった。

この週のカブ価は、相変わらず、中途半端であった。

いつも、そうしているのだが、とりあえず・・・・。

どうぶつの森日記

「ブーケさま」は、引っ越しされる決心を固められたっ!

や、やったあ~!!

ここまで、キタら、居住を拒否するなんて、ないのでしょう。

一度、出ていってしまった住民も、迎え入れる仕様なのね「あつ森」は。 ...

どうぶつの森日記

ブーケさまに、愛情がこもった手作りの「まるたのスツール」が、献上された。

大変、お喜びになられた「ブーケさま」。

この勢いで、「ふくふく島に、移住けってぃ~♪」とはならなった。

気に入った異性が、簡 ...

どうぶつの森日記

それから・・・。

翌日、翌々日と、amiiboカードを通じて「ブーケさま」を、ふくふく島のキャンプ場へご招待させていただいた。

「ブーケさま」に通じているのかは分からぬが、我が島にとって、彼女は重要な顧客だ。

どうぶつの森日記

なんと!

「ブーケ」は、なんの違和感もなく、ふくふく島に舞い降りた。

ま、まじかっ!?

まず、「この住民は、あなたが追い出したため、読み込みできません」などというメッセージが現れなかったことに、感謝 ...

どうぶつの森日記

さあ、2回目になる「ブーケ」のamiiboカードを、Switchに読み込むのだっ。

・・・・・、う~む。

ここで、しみじみと考えてしまう。

これまでの経緯を、ある方向で見定めていくと・・・・。

どうぶつの森日記

ふくふく島に「ポンチョ」はやってきた。

確かに、嬉しいことではあるのだが、その代償は、大き過ぎた。

ふくふく島を去ってしまった「ブーケ」。

いなくなってしまったから、その存在の大きさが、あとで追っか ...

どうぶつの森日記

「ブーケ」ではない住民なら、まだ、検討の余地があるのだが・・・。

それから、一度は断念した。

ひょっとして、再び「あつまれ」を立ちあげたら、「ポンチョ」は、違う住民を選ぶかもしれぬ。

しかし・・・・ ...

どうぶつの森日記

「ポンチョ」に対して、我が島への勧誘が、始まった。

この先に、大きな問題が控えていることは、頭では理解していたのだ。

このときは、なんとか、なるだろう、と安易に考えていた。

それが・・・。

どうぶつの森日記

もちろん、「ポンチョ」を、ふくふく島にも迎えたいっ。

散々、書いていて、お恥ずかしいところなのだが・・・・。

自ら、求めに行きはしないが、こうしてキャンプ場で目の前に現れると・・・。

そう簡単に、愛 ...