どうぶつの森日記

なんと、グルミンは、こう告げたのだ。

ブーケが、引っ越しを考えていると。

!!!!!!!

まじかっ!?

これは、絶対に阻止だ。

こういう危機は、過去に何度でもあったのだ。

どうぶつの森日記

だが、安心したあとに危機は、やってくるもの。

しばらく、『とび森』を遊び続けるのだが、ワタクシ、ひとつの異変を感じた。

そうなのだ。

住民から、「引っ越しを考えている」というフラグが立たないのだ。

どうぶつの森日記

・・・・・・・。

恐る恐る確かめると・・・・。

まず、ももこ。

「ふくふく村」での、初期住民の子だ。思い入れは、一番強い。

その次は、アイドル ブーケ。

この子は、もう一本、 ...

どうぶつの森日記

ワタクシ、『あつまれ』以外にも、定期的に遊んでいるゲームがある。

それは、『あつまれ』が登場してから、遊ぶ頻度は、減った。

だが、放置という段階にはないのだ。

『あつ森』と、同じ様に遊びつづけている ...

どうぶつの森日記

この日を起点に、ワタクシ、カブに注力するようになる。

まずは、日曜日の午前中。

若いころのように、お昼まで寝ることは、なくなってしまったため、時間の余裕を持って、カブを買うことができるのだっ。

購入 ...

どうぶつの森日記

そのカブの売価は・・・・。

なんでも、500ベルオーバーらしいのだっ。

!!!!!!!。

もう驚愕でしかない。

今作において、ベルの必要性は、前作よりも高まっている気がするのだ。 ...

どうぶつの森日記

師匠への質問は続く。

ショボい斧以上のものを作るには・・・?

だってさあ、すぐ壊れちゃうんだもん。

斧は、ショボい斧、木、鉄鉱石で作るらしい。

まじか!?

僕は、知らなかった ...

どうぶつの森日記

リアルで、自分のまわりには「どうぶつの森」を遊んでいる人は、少ない。

あんなにも、売れているのに・・・。

なんでだろう?

同世代に、Switchが普及していないのは、分からなくない。

し ...

どうぶつの森日記

師匠に聞いてみたいこと。

それは、「ととたけ」が自分の島に来ているかっ、ってことだ。

「ととたけ」は『とび森』では、馴染みのあるキャラクターだ。

それ以外にも、「リセットさん」や、「ゆめみ」にも、会 ...

どうぶつの森日記

僕のなかで、ゲームの師匠がいる。

詳しくは、言えないのだが、ゲーム業界の関係者だ。

付き合いは、かれこれ、5年以上になると思う。

多くはないのだが、実際にお会いしてお話させていただくと、とても楽しい ...

どうぶつの森日記

何事にも、一生懸命やっていれば、だいたい達成できる日は、やってくるもの。

だが、特に意識は、していなかったのだ。

いつの日にか、集まるだろうと思っていたのだ。

ついにこの日がやってきた。

どうぶつの森日記

日々のルーチンの合間に、ふくふく島を、ふらりと歩いていく。

こういう、何気ないことができるゲームは、多くはないと思うのだ。

だいたい、ゲームのなかでは、意味を持たされている気がする。

何も、やること ...

どうぶつの森日記

今作は、前作と比べると、いろんなところが、大きく変わった気がするのだ。

それは、長く遊ぶために、工夫をされているんじゃないだろうか。

だが、それが、リアルさにも、直結しているとも思うのだが・・・。

...

どうぶつの森日記

さて、「フラッペ」の問題に戻ろう。

自分のなかで、結論は、出ていたのだ。

違う住民と出会いたいのだ。

ここら辺は、自分でも思うのだが、妙にリアルだ。

人生において、お付き合いするひとは、 ...

どうぶつの森日記

ワタクシが調べたところによると・・・・・。

今作においては、引っ越しを悩んでいる状態の住民は、プレイヤーに分りやすく、悩むらしいのだ。

その状態で、住民に話しかけると「引っ越しをさせる」か、「留まらせるか」選択 ...

どうぶつの森日記

新しい出会いが、あれば、別れもあるもの。

今作にも、引っ越しフラグが立つことは、知っていた。

前作は、住民に数回、話しかけると、引っ越すことに悩んでいることを明かされるのだ。

この仕様により、7年も ...

どうぶつの森日記,家庭用ゲーム

人生を振り返ってみると・・・・・。

確かに、気になる異性に関しては、ワンチャンスで上手くいった試しがないっ。

これは、リアルをモチーフにしており、一度の献上品で、目的は達成できないって、戒めなのかも、しれない。 ...

どうぶつの森日記

さあ、「ももこ」は、我が村に引っ越してきたい、と発言するのかっ!?

じっと、「ももこ」が、発する言葉を見守る。

・・・・・・・・。

彼女から、出てきた言葉は「また、呼んでね!」。

ガビー ...

どうぶつの森日記

「もくせいスツール」のDIY素材は・・・・・?

なんと、もくざいが、4個じゃっ。

なんて、優しい素材なのだ。

木を切れば、間違いなく出現する素材。

幸い我が、ふくふく村にはストックもある ...

どうぶつの森日記,家庭用ゲーム

なんて、大人の余裕は、文章だと見せているのだが、ワタクシのリアルな心境は・・・・。

ガッデームウウウウ。

納得いかーん!

もう、こうなったら、何がなんでも、「ももこ」を、我が、ふくふく村に移住させて ...

どうぶつの森日記

と決意したまでは、良かった。

だが、海岸をひたすら歩くのだが・・・・・。

我が、ふくふく島の海岸に、シャコガイなんて、そうそう落ちていなかった。

なんとか、シャコガイは、3つ見つけることが出来たのだ ...

どうぶつの森日記

「ももこ」と会話を続けていくと、きたきたーっ。

献上品のリクエストだ。

彼女がお願いしてきたのは・・・・・。

「かいがらのベッド」だった。

もともと、「かいがらのシリーズ」にまったく興味 ...

どうぶつの森日記

どきどきしながら、テントをくぐってみると・・・・・。

いたっ、ももこやねん!

ふくふく「島」にも来てくれて、ありがとう!

「ももこ」と、ガシッと握手したい気分になる。

握手できないのは、 ...

どうぶつの森日記

さて。

こういうとき、何かと勿体つけるクセが僕にはある。

が故に、今まで「ももこ」のamiiboカードを試してみなかったのだ。

こう見えて、意外と慎重派の中年おやじ。

まあ、おやじになる ...

どうぶつの森日記

リアル生活でも、ある。

お互い異なる魅力を持った女性。

あくまで、方向性が違うだけなのだ。

どちらも、いい子なのだ。

いいものを持っとるのよ。ただ、お互いが異なる魅力なのだ。

どうぶつの森日記

このamiiboカードでは、それぞれ森のキャラクターが印刷されている。

もう、こうなると、自分の住民を揃えたくて仕方がない。

これまた、何が入っているか分からない鬼の仕様だ。

『とび森』のふくふく村 ...

どうぶつの森日記

2015年、そのソフトは発売された。

その頃には、完全なる『森』中毒者になっていた、ワタクシ。

症状は、重かったのだ。

週に、2,3回は、引っ越しを阻止するために、『とび森』のふくふく村をパトロール ...

どうぶつの森日記

毎日、遊んでいても、急激に変化することなく、少しずつ、発展している、今作。

この時間経過による発展するスピードを、ゆっくりしたのは、素晴らしい判断だと思うのだ。

どうしても、早く大きくすることに注力してしまう気 ...

どうぶつの森日記

今作では、引っ越しを考えている住民が、分かりやすくなった。

もう、住民は分りやすく、悩んでいるから、声をかければ、いいだけ。

『とび森』のときは、住民が引っ越したいと言うまで、話しかけ続けるしかなかった。

どうぶつの森日記

僕のなかで、『森』に対する最大のモチベーションである、住民たち。

そんななか、6月3日を迎えた。

なにげなく、リッキーの家に行ってみると・・・。

なんと!

この日は、住民、リッキーの誕生 ...

どうぶつの森日記

我が、ふくふく島に、エイブルシスターズが出来たっ!

きぬよが、ふくふく島にやってきた。

なんでも、あさみと協力していくらしい。

セレモニーを無事に終えて、エイブルシスターズは、めでたくお披露目となっ ...

どうぶつの森日記

どきどきしながらも、カブ価を尋ねる。

もう、ここで、カブを売るしか選択肢がない。

いくらであっても、腐ってゼロになるよりは、マシだ。

と書きつつも、どきどきしてしまう。

さあ、マイナスか ...

どうぶつの森日記

土曜日の朝を迎えた。

さて、いったいカブ価は、どないなっとんのや?

だが、焦ってはいけない。

特に、ギャンブル性の高いものほど、急ぐとロクなことにならないのだ。

ドンッ、と構えていたほう ...