NEWS,まとめ,ポケモン日記,家庭用ゲーム

 7月31日、当サイト「ハナペンニュース」にて長きにわたり連載されてきた『あつ森』ブログ「ふくふく島の四季折々」(執筆:ゲームおやじ氏)がついに最終回を迎えました。

 記念すべき第1回目の記事が掲載されたのは、2020年3 ...

どうぶつの森日記

さてさて、この「ふくふく島の四季折々」を読んでいただいた皆様。

ここら辺で、本ブログ、幕を閉じようと思うのだ。

ちなみに、ふくふく島での出来事は、今日も、続いている。

けれども、ハナペンニュースで書 ...

どうぶつの森日記

「ふくふく島」に、新たな住民「ハチ」が加わった。

そこで、何か大きく変わるわけではない。

「ふくふく島」に降り立ち、いつもどおりのルーチンを始めようではないかっ!?

やることは、大きくは、2つある。 ...

どうぶつの森日記

さてさて、「ハチ」が望んだ献上品は、あっさりと用意ができ、3日間、連続で、献上することができた。

ここで、改めて思ってしまうのだ。

ゲームの難易度って、ヤツを。

『どうぶつの森』において、ゲームの難 ...

どうぶつの森日記

2回目の「もんじゃ」を召喚して、彼に献上品を納めた。

さて、ここからは、やることはひとつ。

「ちょろきち」を、我が島から国外追放するのだ。

こう書いてしまうと、ワタクシ、とんでもない極悪モノの島所有 ...

どうぶつの森日記

この「ハチ」と

名乗るワンコ。

ワタクシ、正直言って、馴染みが全くない。

というか、知らない住民だ。

まあ、愛嬌は「もんじゃ」より、ある気がする。

イコール、人気があるのでは ...

どうぶつの森日記

さて、今回の話題。

共感していただける方がいるのか、どうなのか分らぬが書いてみようと思うのだ。

『とび森』の住民を維持し続ける日々は、相変わらず続いていたのだ。

だが、起伏の少ない日々に、大きな事件 ...

どうぶつの森日記

さて、話を一気に戻しまして。

今回は、「その存在」について書いてみようと思うのだ。

その存在とは・・・?

ズバリ、「ととたけ」のことなのだ。

今作では、出てこないなあ~、なんて思っていた ...

どうぶつの森日記

その存在は、知っていたのだが、ふくふく島にやってくることは、未だなかったのだ。

その条件が気になるものの、自分から調べることは、なかったのだ。

なんだろうね。

上手く書けないけれど、どうぶつの森に「 ...

どうぶつの森日記

自分にとって「とび森」において「ブーケ」はなくてはならない存在なのだ。

確かに「あつ森」を遊べば、きめ細やかで綺麗な「ブーケ」に出会うことができるのだ。

だが、これは比べるものではないっ。

「とび森 ...

どうぶつの森日記

日々、『あつ森』で一喜一憂しているが、ワタクシ、それだけではないのだ。

常々、書いているのだが、『とび森』も同時進行中なのだ。

正直、『あつ森』よりは、起動することは少ない。

だが、ふくふく村の住民 ...

どうぶつの森日記

2020年12月31日、大みそかになっていた。

今年、最後の1日だ。

子供の頃のように浮かれることもない。

なにげなく、2020年を振り返ってみるのだ。

この年は、苦しい1年であった。

どうぶつの森日記

ふぅ~っ。

確実に、ワタクシ消化不足である。

というか、物足りないし、納得がいっていない。

そんな状況で、海岸を歩いていると・・・・。

なんと、細長いおさかなの影がっ!?

こ ...

どうぶつの森日記

今回の釣り大会は、海のさかならしい。

まあ、「とび森」で、さんざん釣ったので、タイミングは、バッチリだ。

さかなが、浮きをつつくようになって、3回目で、ぐっと沈むことが多い。

この基本は、今作でも、 ...

どうぶつの森日記

名古屋にある東山動植物園に、大先輩と撮影へと出かけた。

ファミリーが多いなか、カメラをぶらさげた大先輩と中年は、かなり異質だ。

だが、全く気にすることもなく、いろんなものを撮影するふたり。

それは、 ...

どうぶつの森日記

日曜日の午前中、カブを買わなくてはいけない。

ただ、日常のなかで、いろいろあると忘れたりするのだ。

そんな現実のなかで、ワタクシを襲った出来事が起こったのだっ。

会社のなかで、大先輩が、ワタクシを写 ...

どうぶつの森日記

ここからの選択肢は、限られているのだ。

量販店で、amiiboカードを買うということは、ありえない。

数ある住民のなかから、オオカミの「ロボ」を引き当てるなど・・・・、宝くじの確率だ。

そんなことが ...

どうぶつの森日記

そんな、もやもやしている、ハナコに話かけてみるのだっ。

当然、引っ越しを悩んでいたのだが、彼女の決断を止めることなく、尊重した。

これで、ハナコ、ふくふく島の卒業が決定したのだ。

まあ、元気で!

どうぶつの森日記

もやもや、が出ていたのは・・・・・、我が、ふくふく島で、いらない子。

それは、ハナコであった。

牛の女の子なのだ。

決して、カワイクはない。

あっ、待って待って。

カワイイか ...

どうぶつの森日記

ついに、娘が描いてくれた「ブーケ」を拝めるときが、やってきた!

どれどれ・・・・・。

ほほーっ、こりゃあ、こりゃあ。

確かに、上手くなっているのだ。

ちなみに、『とび森』のふくふく村の旗 ...

どうぶつの森日記

それは、『とび森』まで遡らねばならない。

昔、3DSで遊んでいた頃、ふくふく村に掲げている旗は放置してあったのだ。

だが、娘が、その当時、絵を描くことにハマっていた。

その当時、ワタクシが、一番気に ...

どうぶつの森日記

この日を境に、『とび森』のときの住民が恋しくなってきていた。

やはり、あの子は、ふくふく島にも、呼ばなくてはならない。

昔は、ダントツNO.1のアイドルであった「ブーケ」。

そのため、amiiboカ ...

どうぶつの森日記

『どうぶつの森』というゲームは、季節のイベントと密接にリンクしていくのだ。

まあ、日本のなじみのある行事なら、おっさんも、すんなり対応できるのだが。

海外イベントに関しては、よく分かっていないのにも、関わらず、 ...

どうぶつの森日記

『森』の生活で、数々のルーチンは、存在する。

毎日、やらなくて、いけないことから、気が向いたときに始めることまで幅広い。

しかも、それは、ユーザーに任されているのだ。

ある意味では、自由度が高い。

どうぶつの森日記

一息ついたところで、冷静に考えてみよっ。

こういうときは、不満を並べたところで、なにも解決はしないのだ。

欲しいものがあるときは、諦めたら、そこで終わってしまう。

ここは、気持ちの切り替えが、とても ...

どうぶつの森日記

なんと、グルミンは、こう告げたのだ。

ブーケが、引っ越しを考えていると。

!!!!!!!

まじかっ!?

これは、絶対に阻止だ。

こういう危機は、過去に何度でもあったのだ。

どうぶつの森日記

この日を起点に、ワタクシ、カブに注力するようになる。

まずは、日曜日の午前中。

若いころのように、お昼まで寝ることは、なくなってしまったため、時間の余裕を持って、カブを買うことができるのだっ。

購入 ...

どうぶつの森日記

そのカブの売価は・・・・。

なんでも、500ベルオーバーらしいのだっ。

!!!!!!!。

もう驚愕でしかない。

今作において、ベルの必要性は、前作よりも高まっている気がするのだ。 ...

どうぶつの森日記

師匠への質問は続く。

ショボい斧以上のものを作るには・・・?

だってさあ、すぐ壊れちゃうんだもん。

斧は、ショボい斧、木、鉄鉱石で作るらしい。

まじか!?

僕は、知らなかった ...

どうぶつの森日記

リアルで、自分のまわりには「どうぶつの森」を遊んでいる人は、少ない。

あんなにも、売れているのに・・・。

なんでだろう?

同世代に、Switchが普及していないのは、分からなくない。

し ...

どうぶつの森日記

日々のルーチンの合間に、ふくふく島を、ふらりと歩いていく。

こういう、何気ないことができるゲームは、多くはないと思うのだ。

だいたい、ゲームのなかでは、意味を持たされている気がする。

何も、やること ...

どうぶつの森日記

ワタクシが調べたところによると・・・・・。

今作においては、引っ越しを悩んでいる状態の住民は、プレイヤーに分りやすく、悩むらしいのだ。

その状態で、住民に話しかけると「引っ越しをさせる」か、「留まらせるか」選択 ...

どうぶつの森日記

2015年、そのソフトは発売された。

その頃には、完全なる『森』中毒者になっていた、ワタクシ。

症状は、重かったのだ。

週に、2,3回は、引っ越しを阻止するために、『とび森』のふくふく村をパトロール ...